プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg
【Sponsor】
loctek.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (404)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (4)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (15)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼コメントはコチラから残す

   

日本で最安値の144Hzモニター皆さん知ってますか?

QNIX 24型 144Hz  QXMO2414
71Sk1mZs1dL__SL1200_.jpg

詳細は続きへ



144Hzなのに価格がなんと25000円という驚異的な価格なんだが、ぶっちゃけこんな安くて大丈夫?
と思う方が多いと思う。
それも聞いた事のないメーカーで不安要素がある。

しかし中身を色々調べてみると、不評なレビューも特になく、177Hz駆動を実現するオーバークロック機能やバーチャルWQHD表示機能が搭載されている。
コストカットされていると思う大きな点は、ブルーライトカット機能がないという点とDVI(Dual link)のみの接続となる。
尚、WQHD(2560x1440)での表示時は60Hzとなる為、注意。

スペック表を見て欲しい
- モデル名: QX2414 LED 144
- 画面サイズ: 60.9Cm(24型)
- パネル種類: LED パネル
- 解像度: 1920×1080(Full HD-144Hz)
- ピクセル: 276.75μm x 276.75μm
- 入力出端子: Power, DL-DVI, SOUND IN
- コントラスト比/DCR: 1,000:1(50,000:1)
- 明るさ: 350cd/m²
- 応答速度: 1.5ms(GTOG)
- 周波数(Hz): 144Hz
- カラー支援: 16.7M (8bit Data input)
- スタンド機能: チルト
- 消費/待機電力: 31W/0.5W
- 視野角: 左右170°、上下160°
- スピーカー: 2.5W + 2.5W
- VESAマウント: 100mm x 100mm
- 安全認証番号: MSIP-REM-DLD-QX2414LED144
- 製品構成品: マニュアル, アダプター(12V,4A), 電源ケーブル, オーディオケーブル,DL-DVIケーブル,アダプター(変換プラグ)

● その他の機能
バイパスボード
Flicker Zero(フリッカーゼロ)
Anti-Glare, 3H
RoHS Compliance
TCO 6.0 Compliance
バーチャル QHD 支援!
オーバークロックを支援する国内技術基盤のADボードを搭載し、
ダウンスケーリング(60Hz)を通じ2560x1440, QHD解像度の
ディテールで鮮明なイメージと映像を表現できます。
※商品は通常7~10日前後でお届けしています。
220v 電源ケーブルであるため、アダプター(変換プラグ)をコンポーネントに付属いたします。


どうやら付属品にDVI(Dual link)も付属しているのでこれ以上かかる事はないようだ・・・・。
一見全く問題なさそうだが、日本のプレイヤーはBenQに固執してしまう傾向があり、やはり口コミがネックなので他社の人気がでないのだろうと思われる。

口コミの真実
A君「144Hzモニター欲しいんだけどさ高くて買えないんだけどさ、何がいいかなぁ~」

B君「QNIX 24型 144Hzが25000円であるけどこれ安くね?あまり聞かないメーカーだけど安いよね」

A君「なにそれおいしいの?いいの?」

C君「いやいやそんな訳わからんメーカー買うなら安定のBenQでしょ?」

B君「俺もBenQだからなぁ~まぁBenQでいいんじゃね?」

A君「う~ん」

こんな会話が飛び交うのは日常茶飯事なんだろうが、私から言わせると安定ならEIZO買えよって思います。
何を根拠にC君は安定と言っているのかA君にきちんと違いを説明出来るのであればA君に提案をするべきですが無責任な提案はやめましょう。仮にもBenQは日本ではNo1を誇る人気のモニターメーカーではありますが、A君のお財布の事情もあるわけですから、もし考えるのであればA君の財布とA君の条件を満たすような提案をしてあげるのがベストであると思います。
A君が25000円しか出せないという人間であれば25000円で買えるQNIX QXMO2414が彼に合う訳です(これは新品のみでの話)
あと1万貯めてBenQ買うのが最終的にはA君の為になるかもしれませんが、現状今回のQNIX QXMO2414も悪い製品ではなさそうですしわかりませんよね。。。
まぁこれはモニターだけでなく全てのゲーミングデバイスに言える事ですけどね・・・。


AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼コメントはコチラから残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。