プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg
【Sponsor】
loctek.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (404)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (4)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (14)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

Thermaltakeから発売予定のTt eSPORTS VENTUS Z を先行アイリスレビュー

2016040609494775-96s.jpg

詳細は続きへ

特徴
・11000dpiまでの解像度調整に対応
・FPSやRTSに便利な6つのボタンを搭載
・200万回までクリックを保障とするボタン耐久性に優れるオムロン製スイッチを搭載・手の甲に多数の穴を開ける事により手汗などをかきにくくする形状
・Sniper Buttonにより押し下げ中のみ急なDPI変更が可能
・人間工学に基づいた綿密に計算された形状
・RGB搭載により1680万色の変更が可能
・5つのプロファイルを切り替え、複数のマクロ設定が可能
・オンボードメモリーが搭載されておりオフラインに持っていけばそのまま利用可能
・編み込みケーブル、金メッキコネクタを採用
参考URL

IMG_0992.jpg
IMG_0995.jpg
IMG_0996_20160617191900429.jpg
IMG_1009.jpg

IMG_0998.jpg
IMG_0999.jpg
IMG_1000.jpg
IMG_1002.jpg
IMG_1004.jpg
IMG_1005.jpg
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg


VENTUSシリーズ第3部作となる「VENTUS Z」の先行レビューとなります。現在国内では未発売となりまだ発売日も未定です。
既に完了品にはなっているが、VENTUS Xの後継モデルとなる。

まず注目していきたい点は、DPIを即座に変更できるSNIPER Buttom。これはゲームにより使用有無が別れてきますが何かのアクションを起こした際、マウス感度の設定がまた別であるものに関しては活用できるボタンとなる。

そして4.5g×3の錘が付属されており、お好みにマウスの重さを調節出来る訳である。
私は重くもなく軽くもなくと間を取りたかったので9gで抑えました。

Thermaltake社のゲーミングデバイス自体が現状coolingを意識しており、キーボードのcoolingスイッチを販売したりなどといった事をしていらっしゃいますが、今回のこのVENTUSシリーズも手汗を少しでも軽減させるため、設計された穴が多数存在します。
実際使用してみるとバカにできないくらい違いは感じられる。もちろん涼しいということは感じられないw

しいていうなら形状的には他社の名前でLogicool G502の改良版というイメージを持って頂けたらと思います。
マウス形状、ボタンの位置、クリック感なども結構似ている部分が多いです。

ソフトウェア画面既に日本語対応速い!
1_201606171932336ed.jpg
2_20160617193206aa8.jpg
4_2016061719321171d.jpg
3_201606171932099be.jpg
・リフトオブコントロール・・・マウスを持ち上げてカーソルが動かなくなる距離
・アングルスナップ・・・直線補正
・ポーリングレート・・・マウスが動作情報を読み取る情報量を示す単位
・ボタン応答速度・・・ボタンを押してからの処理されるスピード


一番最初のソフトウェア画面で 標準  バトルという選択項目があるがこれは
5_20160617193319efb.jpg
という事らしいです。



何より私が嬉しかったのはX軸とY軸の変更が出来る事です。数々のマウスを利用してきましたが、今までX軸とY軸が変更できたのはデスアダーだけでした。他にも沢山あるんでしょうが、中々めぐり合わなかったので・・・。
ようやくデスアダーとは違ったマウスでオンラインゲームが出来るようになったのでメチャクチャ嬉しいです!


アイリスつぶやき
上記でもお話しましたが、ようやくメインマウスを変更できるようになりました。デスアダーも4年くらい愛用していた人間ですからね・・・。デザインもThermaltake独特なデザインになってますしこれから長く愛用することにより現在無効化しているボタンなども使う時が必ず来ると思います。デバイスでモチベーションがあがるというのはこういう事ですね!



AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼コメントはコチラから残す