プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
201704112101095bb_201705272022583ef.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (403)
レビュー (127)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (3)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (10)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (1)
PUBG (9)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

〔自作PC〕本格水冷 何もわからない女性が作成する見せるPCへの道 解説:Irisviel 第2弾 

248430.jpg

最新バージョン環境はコチラ

詳細は続きへ
今回は長いです

【見せるPC】作成動画レビュー第1弾 箱開封の続きになります。

AKRACING Nitro Gaming Chair (オレンジ)  アイリスレビュー


動画は長くなってしまいましたが4部に別れております。





動画を全てご覧になってくださった方々本当にありがとうございます。
インフルエンザという壁がありながら何とか仕上げる事ができました。
今回の企画の目的は
「自作PCは知識のない人でも作れる」更にハードルが高いと思われている本格水冷も作れちゃうんです。
という企画は見事に成功致しました。(時間はかなりかかりましたけどね・・・)

同居している彼女との仕事の日程で4月は1日しか一緒に休みが一致せず、レビュー期限などは特にないのですがあまり遅れてしまっても申し訳という気持ちからインフルエンザの中、一日で勝負致しました!

ぶっちゃけていうと本当に丸一日かかりました。まったく知識がありませんからね・・・。
パソコンの知識なんてちょっとしたスペックの見分け方やインターネットサーフィンくらいしかできない人です。

最初は不安でいっぱいでした。1週間くらいかかるんじゃないかとも思いました。
しかし、今回の企画は失敗することは許されないことを彼女にもきちんと伝えた結果、やる気を出してやってくれました。

人間やる気があれば何でもできるんだな!とも実感致しました。
半日経過した彼女の発言は驚きの連続でした
「グリスってどこに塗るの?」
「ラジエーターってさこうでいいのかな?」
「ネジの場所がこれじゃあおかしいかな?」
「この締め付け具合じゃ水入れたときやばいよね?」

これは完全に自作PC作る人の用語になります。私のブログを見てくださっている方々は玄人な方が多いと思うので普通だと思うんでしょうが、一般的にPCを使う人には何の事を言っているのか不明になると思います。

わたしは人を褒めるということは滅多にしないのですが、彼女の言葉からこんな素晴らしい事が出てきたのは大きな進歩だと思ったので純粋な気持ちで褒めました。
そしたら物凄く喜んで貰えて、更にやる気を出して作って貰えました。
私は撮影しかせず、手伝いもしたかったのですが企画が企画ですし身体が言うことをきかなかった為、横になりながらずっと見てました。途中気を失ったりもしました。

なんか胡散臭いお涙ちょうだいドラマみたいですが、今回の企画はレビューをする事により人間として大きく違う意味で成長することが出来ました。


さて本題に入ります。

各社PCパーツ・スペック
CPU:CoreI7 6700K
メモリ:16GB(Corsiar VENGEANCE)
グラボ:MSI GTX980Ti 6GB
SSD1:HyperX Predator PCIe 240GB
SSD2:Kingston HyperX SAVAGE SSD 240GB
SSD3:Intel Boxed SSD 335 Series 180GB
電源:Corsair RM750i 750W GOLD
マザボ:MSI Z170A GAMING PRO
水冷:Thermaltake Pacific RL240(本格水冷)
PCケース:Thermaltake CoreV71
OS:Windows7 Professional 64bit
DesktopResolution:2560×1440

動画をあらましでも見て下されば大体把握できるかとは思うんですが、今回の一番の主役と言える「Thermaltake Pacific RL240(本格水冷)」は本当に作成時間がかかりました。
しかし、恩恵はやはりPCを作成するプロの方々に聞いた所、この製品は本当に良い製品みたいです。
本格水冷のメリット
・簡易水冷よりも冷える
・PCがカッコ良く見える
・PCに愛が芽生える

最後はいらないか・・・笑
定期メンテナンスは必要で1年に一度水の交換をしたり水漏れをしないようネジの緩みを確認したり、きちんと水が循環しているか確認したりなどと作成した後にも色々とあります。

ただ私の場合、動画編集をこういったレビューなどで利用したり、フラグムービーを作成したりなどとレンダリングという作業をする為、PCをMAX負荷かけることが多々あります。その時にきちんと冷える機材で利用する事によりCPUの劣化防止にもなり、PC内温度の緩和も見込める訳です。
これから暑くなる時期になる為、水冷は正直ゲームをやる人ならなおの事、推奨します。

CPU-ZとFF14のベンチマークテストを流しました。
Z.jpg

24842.jpg
タスク

室内温度は25.6℃
温度


AVAを起動した状態で計測

AVAの設定
設定により負荷率が変わってくる為、添付
AVA_160428_033645_[ 0_ 0_ 0][0][]_00
温度2
CPUの温度は平均45℃くらいというかなり低い数値が出ました。最大は64℃
一般的には70℃~90℃くらいまであるんでしょうがやはり本格水冷の恩恵はかなりあるみたいですね!

新PCFF14
けっか
FF14のベンチマークもかなりのスコアを叩き出してくれました。
ちなみにこれは3Kでのベンチマークです。


ご理解頂けたかと思うんですが、これだけスペックあればまず一般的に・・・というか一般ってなんだろうか・・・。一般の人から見たら自作PCを作る時点で一般ではないし、オンラインゲームガツガツする人も一般ではない・・・。
自作PCオンラインゲームをぼちぼちやる一般的なユーザーであればまず問題ないだろう・・・。むしろオーバースペック。
解像度がドンドン高くなってきており最新のゲームは高負荷なゲームが多くなってきている世の中であればオーバースペックであればあることに越したことはない。
そして私としてはメモリもぶっちゃけ32GBにしたいこの頃である。


また注目の一つとしてあげられるPCIe(M2SATA)SSDのパワーも計測

KingstonHyperX Predator PCIe 240GB
430980.jpg
HyperXj.jpg



読み込み1400MBとはいかなるものなのだろうか・・・。
読み込み速度
こんな結果が出ました!
読み込み:1138MB
書き込み:648MB
Kingston HYPERX SAVAGE SSD でも良い速度が出ましたが、2倍以上もの読み込みとは驚きの結果でした。
ちなみにPC起動時はwindowsのロゴが出現するかしないかくらいのスピードでOSが立ち上がります。
大体、4秒~5秒くらいです。
本当に便利な時代になりましたね!
SSD自体がかなり安価になっている為、手が出しやすいです。この製品も金額は2万ちょいで購入することが可能な為、手軽です。
通常のM.2SATAでスピードを求めようとするともっとするもの沢山ありますからね。
裏面を見てみると
25545.jpg
東芝のチップを使用しているみたいですね!
一時期、東芝のSSDといったらコストパフォーマンス向けSSDとして評判も良かったです。
こういう所から安価でスピードの速いSSDがこの金額で実現できたのかもしれません。


最終的にはこんな感じになりました!
ChDxMalUgAEpLG7.jpg
ChDxMaoUYAAHacA.jpg

総評
見せるPC」という部分はクリアはしました。もちろん一般的な環境より性能は高いでしょうし身の回りの環境もかなりカッコがついたのではないでしょうか。
今回のPCパーツ提供で部屋を綺麗にしようという意識が強く持てた企画でした。
特に本格水冷は冷やすという部分がメインになりますがインテリアにも力が入れたくなるパーツです。
電源もメモリもCORSAIRというと高級なイメージがありますが、安定で尚且つ性能も良い!
自作PCというと拘りを持って作成される方が多いと思いますが、それなら尚の事ThermaltakeやCorsairの方がいいでしょう。
まずこのパーツで有名な二社で不評な事は聞いたことがありません。
今回のPCとは5年以上はお付き合いできそうです。
ちなみに記事はかなり前から作成している為、まだまだ環境は進化しそうです!
キリがないっちゃないんですが、完璧に仕上げたいです!






購入先「株式会社アスク
本格水冷:Thermaltake Pacific R360 D5 Water Cooling Kit
pacific-r360-d5-water-cooling-kit_01.jpg
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼コメントはコチラから残す