プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg

Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (403)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (3)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (13)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

Kingston HyperXCloudCore レビュー

無題

詳細は続きへ

IMG_0625.jpg
IMG_0626.jpg
IMG_0627.jpg
IMG_0656.jpg

IMG_0628df.jpg
IMG_0630.jpg
左側CloudCore 右側CloudⅡ

※本稿では便宜的に「HyperX Cloud」を 「HyperX Cloud I」と呼称する。

まずHyperX Cloud I&HyperX Cloud Ⅱのレビューをみて頂きたい。

現状いかなる1万円台のヘッドセットの中でもコストパフォーマンスNo1といえるHyperX CloudⅡの更にコストパフォーマンス向けにそして、HyperX CloudⅠを更にコストパフォーマンス向けに開発されたのがHyperX Cloud Coreとなる。
音質の劣化を防がないよう最大限にコストを削ったコストパフォーマンスの中のコストパフォーマンス!(意味不明)

実際にプレイしてみた感想
わたしはHyperXシリーズをメインで愛用させて頂いております。
今回HyperX Cloud Coreに変更しましたが正直大きな音質の変化は感じられませんでした。しいて一つだけお話するとエイジングをしていない状態での視聴だったため、いつもより若干高音が強調されるようなイメージでした(体感できるほどでもないかも)
しみじみ思ったのですが、やはりFPSには密閉型が推奨されますね。
HyperX Cloudシリーズは密閉型ですがFPSで重要な足音(中音)を強調し音に対しての方向性がきちんと定まっており非常に使いやすいです。密閉型なのに締め付けも強い方ではありませんし音漏れもなく密閉型ヘッドセットとしては完璧なコストーパフォーマンスと言えるでしょう。

HyperXCloud CoreとHyperX CloudⅡの違い
・サウンドユニットがHyperX Cloud Coreにはない
・予備とも言える開放型用のイヤーカップが付いてこない(正直FPSなら密閉型の方が良い)

逆にHyperX Cloud IとHyerX Cloud Coreの違いについてなのだが開放型イヤーカップが付いてこないのと、オーディオコントロールボックスがHyperX Cloud Coreにはない

amazonに良い比較表があった
無題


どんな人に良いか?
現状サウンドカードを積んでおりサウンドユニットが必要なくHyperX CloudⅠを購入しようと検討している方にオススメ。「オーディオコントロールボックスも必要ない」「少しでも安くHyperX Cloudシリーズを買いたい」っていう人には断然HyperX Cloud Coreがオススメである。


amazonの価格帯がこんな感じである
HyperX Cloud Ⅱ・・・¥11,780
HyperX Cloud I・・・¥9,964
HyperX Cloud Core・・・¥7,979

2016/2/23現在


価格で言ったらHyperX Cloud Coreになるんだが、8000円でこの音質が味わえると思うとやはりサウンドユニットがなくてもコストパフォーマンス最強と言える一品である。
また万が一HyperX CloudⅡのヘッドセット本体を自己破損してしまったりした場合は二台目をそのまま買うのではなくHyperX Cloud Coreを買う事をオススメします。

一つだけ大きな点は箱がかなり小さくなりました!これも立派なコスト削減になる。一つだけで見たら変わらないが100個の在庫を移動、または在庫を抱える時に効果をもたらす。
IMG_0651.jpg
IMG_0652.jpg

箱の外装までもコスト削減をしている!!さすが!
IMG_0654.jpg
左側がHyperX Cloud Core 右側がHyperX Cloud Ⅱ(またはCloudⅠ)

amazonでよく寄せられる質問らしい

Xbox One、Xbox 360、PS3で動作しますか?
このヘッドセットは、Microsoftのヘッドセットアダプタを搭載したXbox Oneで動作します。Xbox 360またはPS3ではサポートされていません。

PS4と使用する場合に変更が必要な設定はありますか?
PlayStation 4 (PS4)用に最適化して使用するには、付属のY字ケーブルを使ってHyperX CloudヘッドセットをPS4のゲームコントローラー接続してから、以下の手順に従います。

1. PS4ゲーム機の電源を入れます。

2. [設定]メニューに移動し、選択します。

3. [周辺機器]メニューオプションを反転表示して、選択します。

4. [オーディオ機器]までスクロールダウンして、選択します。

5. [オーディオ機器]を選んでから、[すべての音声]を選択します。


アイリスつぶやき
性能を下げずにここまでコスト削減に成功している製品は素晴らしい。まさにこれこそコストパフォーマンスが良い製品!と言える!今後もまだまだ期待できるHyperXシリーズは目が離せない!!

詳細スペック
• 周波数応答: 15~25,000Hz
•トランスデューサのタイプ: φ53mm 径、ダイナミック密閉ドライバー
•公称インピーダンス:システムあたり60オーム
•SPL 音圧レベル: 98±3dB
•ケーブル長 : 本体1m/延長マイク、オーディオ分割ケーブル2m
•接続:CTIA規格4極ミニステレオジャック用プラグ
•マイク出力:-39±3dB
•マイクのブーム長:150mm (グースネックを含む)
•マイク部公称インピーダンス:2.2kオーム以下




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2056:管理人のみ閲覧できます by on 2016/03/03 at 01:58:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼コメントはコチラから残す