プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg
【Sponsor】
loctek.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (404)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (4)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (15)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1796: by 名無しのFPSer on 2014/11/13 at 09:56:20

元は軍事目的だったことにも触れないのか

1797:名無しのFPSerさんコメントありがとうございます by アイリス on 2014/11/13 at 17:00:41

そんなこともあったんですね。知りませんでした

▼コメントはコチラから残す

   

回線の歴史(簡潔)

speedcheck1.jpg
画像はSpeedtest.netのものです

詳細は続きへ


回線とは一般的にインターネットを行う上で必要不可欠な存在となります。
しかし回線にも色々な種類があり、そして進化の過程がある事をご存知ありますでしょうか。

そもそもインターネットってなんなの?って言われたら皆さんはなんて答えますか?
「インターネット」とは「ネットワーク」の事になります。
元々は1969年アメリカで、大学と研究所のコンピュータを繋いだのがきっかけで、ファイル交換やメールをする為のネットワークでした。
その後、さらに2つの大学が参加しそのネットワークは次第に広がっていきました。
日本では1984年(私が生まれる前だ・・・)慶応義塾大学と東京工業大学のコンピュータを繋いだのが最初で、その後 東京大学もそのネットワークに参加しています。

まぁこの辺の事はおいておいて・・・

遡る事22年・・・

ダイヤルアップ
1992年頃からインターネットが日本でも一般市民に利用出来る権利が初めてできた回線の種類がダイヤルアップである。
回線速度は54kbps
現代の我らから考えるととてもじゃないがインターネットが出来る環境とは思えませんよね。
ダイヤルアップとはアナログの電話線を使用しており、インターネットを行うと電話が使用できない。電話を使用しているとインターネットが使用できない。そしてダイヤルアップを使用する為にはNTT加入権という契約をしていなければダイヤルアップを使用する事が出来ず、その契約料が8万円と非常に高い。
尚且つ従量制の為利用した時間で料金が別途かかっていた。

これではあまりにも不便で誰も使用しないという事で開発されたのがISDN

ISDN【 Integrated Services Digital Network 】
1999年頃から開発された技術になる。
回線速度は64kbps~128kbpps
アナログの電話線ではなくデジタル回線にする事により回線向上に成功した。
ダイヤルアップとは違い、回線速度が約2倍になりNTT加入権の1つの契約で3つの電話番号が利用できるようになりました。その為、ダイヤルアップではインターネットか電話かどちらかしか使えなかったのが両方同時に利用できるようになりました。

ADSL【 Asymmetric Digital Subscriber Line 】
2000年頃から開発された技術になる。
回線速度は1.5Mbps~50Mbps
ダイヤルアップでは回線速度の向上を図れず、一度はデジタルにしたもののまたアナログの電話線に戻し大幅に回線向上を果たせるようになりました。
だだだ無題
※適当ですorz

図のように黒く塗り潰してある部分しかダイヤルアップでは使用していなかったが、使用していない白い部分を使用する事により回線向上する事に成功しました。

そして加入権も必要なくなり通話も同時に出来るようになり従量制から定額制になり以前と比較すると非常に利用しやすいものになった。
ただ当時はADSLという存在が一般人にあまり認知されておらずこれだけ良い回線を開発したのに勿体ない・・・。という事でYahooが使い放題プランを大々的に宣伝しインターネットが一般人にも普及するようになったがここで問題になったのが、回線速度の低下の確立・・・。

原因は伝送損失

伝損損失とは・・・通信線路上を流れる電気信号や光信号の劣化度合いのこと

簡単にいうと端末(PC)から回線会社NTTに送る時の距離が遠くなると回線速度が低下してしまう事

ADSLはこの時代では考えられないようなパワーを持った回線速度であったが伝損損失(周波数帯は電気信号の劣化が)しやすいといった方がいいのか・・・完璧な存在ではなかった・・・。
今でも10人に1人はADSLを利用している。

光回線
2003年頃から開発された現段階では最高の技術となる。
回線速度は100Mbps~1Gbps
なぜこんなにも大幅に向上したかというとアナログでもなくデジタルでもなく新しい技術の光ファイバーを導入し、インターネット専用線を使うようになり向上を果たせた技術である。

光ファイバーとは?
電磁気の影響を受けずに極細の信号線で高速信号が長距離に伝送出来るため、デジタル通信を中心に多くの通信用途に使用されている。2008年現在、1本の光ファイバーの伝送能力は100Tbpsを越える程度である。
なんて説明すれば良いかわからなかったので少しwiki先生にお力になってもらいました。
Fibreoptic.jpg
またトリプルプレイという技術が導入されネット・電話・テレビを一つの回線で同時に利用する事が可能になった。
年月が経過するにつれて、料金も定額制でADSLを利用するより圧倒的に光の方がお得な存在へとなった。

私なりの文章で書いたので文体がおかしい部分もあると思います。
もし指摘や間違っている部分があれば是非お願い致します(っていうと誰も言わない)

※注意※
・この文章はほぼオリジナルに近いので間違った文章により捉え方が人により変わってしまう恐れがある為、この文章により損害があったとしても一切の責任は負いませんので予めご了承下さい。
・回線速度の最高値はベストエフォートでの値になります
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1796: by 名無しのFPSer on 2014/11/13 at 09:56:20

元は軍事目的だったことにも触れないのか

1797:名無しのFPSerさんコメントありがとうございます by アイリス on 2014/11/13 at 17:00:41

そんなこともあったんですね。知りませんでした

▼コメントはコチラから残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。