プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg
【Sponsor】
loctek.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (404)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (4)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (15)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
744: by ヨボセヨ on 2013/03/12 at 04:01:03

こんにちは、自分pc2台持っていて、titaniumHDと予備のpcにrecon3dつかってるんですが、avaやっててrecon3dだと確かに音が時々消音になりかなりストレスですね。、ただrecon3dはアルケミーとか変なソフト使わなくても定位はとてもいいんですよね、
できたらtitaniumHDの方の設定を晒してもらえないでしょうか、設定が悪いせいかHDの定位はrecon3dに比べて定位がかなり劣ります、オンボと変わりません、一応いろんなブログみてやってみましたがダメでした。。。

748:ヨボセヨ・黒さんコメントありがとうございます by アイリス on 2013/03/12 at 16:37:07

私はまだTitaniumHDは所持しておりませんので設定等を晒す事はできません。
次回購入しようと考えているTitaniumHDかSoundBlasterZxRは購入次第記事にしようと思っております。
本日の記事に書こうと考えておりますが、現状AVAの仕様上どんなサウンドカードを使用しても誰でも定位がわかるようなサウンドカードは存在しません。
黒さんという方もヨボセヨさん同一人物だという事がIPから判明しRecon3Dに対して良い商品だという必死差は伝わりましたが、何のサウンドカードを積んでも現状は人それぞれで好みの問題だと思うのでRecon3Dでも良いと思います。
ただ、AVAだけではなく本来のサウンドカードとしての性能と価格と評価を見る限り私だけがRecon3Dの評価を低くしている訳ではなく、不具合などが多い報告がある以上わたしは推奨しません。というスタイルなだけです。昔の記事になる為、私も記事で書いたこと全てに責任が持てる訳でもなく考えが変わった時点で更新はしているつもりです。コメントで他人のフリをして他のサウンドカードの評価を低くするということは私はあまりよろしくないことなのではないかと思いますが、いかがなものでしょうか。

▼コメントはコチラから残す

   

Sound Blaster ZxR&3DReconなどについて

Sound Blaster ZxRが1月中に発売されますね!無題
PCIe Sound Blaster ZシリーズのフラッグシップモデルPCIe Sound Blaster ZxRは、スタジオグレードオーディオクオリティのサウンドカードです。非常にハイクオリティなDAコンバータやプロフェッショナルグレードのADコンバータやコンデンサ、交換可能なオペアンプなど、音質にこだわった高品質なオーディオコンポーネントを採用。

金メッキを施されたフロント出力(RCA端子)や5.1chのリア出力、センター&ウーファー出力やヘッドホン出力端子などオーディオ出力を主とするメインカードに加え、金メッキRCA端子のライン入力端子や光デジタル入出力端子を装備したDBProドーターカードの2枚構成。さらに手元でヘッドホンやヘッドセットを接続できるAudio Control Moduleを付属しています。

Sound Core3DプロセッサーによるSBX Pro StudioテクノロジーやCrystalVoiceテクノロジーと高品質な回路設計により、PCIe Sound Blaster ZxRは次世代のPCエンターテインメントに向けて、テクノロジーとパフォーマンスの標準をかつてないレベルへと押し上げます。


1
ハイエンドPCオーディオの新たな標準へ
スタジオグレードのDAコンバータや各種コンデンサなど、こだわりのオーディオコンポーネントを採用、カード実測値でS/N比124dBという非常に低ノイズの優れた回路設計で、これまでとは一線を画したクリアな再生環境を実現します。
2
金メッキRCA端子によるステレオ入出力
メインカードに搭載されたアナログフロント出力とDBProドーターカード上のアナログ入力には音質劣化の少ない金メッキを施したRCA端子を採用。
さらにメインカードには金メッキ3.5mmミニステレオ端子によるリアチャンネル出力およびセンター/サブウーファーチャンネル出力も搭載し、5.1チャンネルスピーカーシステムへの接続も可能。
また最高600Ωのヘッドホンを駆動可能な独立したヘッドホン出力も搭載、プライベートリスニングにも最適です。
3
高品質コンポーネント採用のDBProドーターカード
アナログ入力用コンポーネントもプロフェッショナルグレードの物を採用し、カード実測値でS/N比120dBというクリアな音質でのオーディオ録音が可能です。
さらにドーターボードには光デジタル入出力も搭載。Dolby Digital LiveまたはDTS Connectエンコード機能を使用したホームシアターシステムへのデジタル伝送や、外来ノイズの影響を受けにくい高音質録音が行えます。
4
Audio Control Moduleで手元でコントロール
CrystalVoiceテクノロジーの全機能を余すところなく活用できる高品質なステレオマイクアレイを内蔵したAudio Control Moduleを付属。ヘッドホン出力およびマイク入力も搭載し、お気に入りのヘッドホンやヘッドセット※を使用する際に手元で接続が可能。さらに便利なヘッドホンボリュームノブでプライベートリスニングの際の音量調節も素早く行えます。PCIe Sound Blaster ZxRの標準コネクタに合わせて標準変換プラグも付属。
※ 一般的なヘッドセットマイク使用時はCrystalVoice Focus機能は使用できません。
5
EMIシールド
カードを覆うシールドに加えて、カード上に遮蔽型の銅板プレートを搭載。これらのEMIシールドで PCケース内部のデジタルノイズから回路上のアナログ経路を保護します。
6
オペアンプを交換してサウンドをカスタマイズ
アナログフロント出力にはソケットタイプのオペアンプを採用。オペアンプを交換することでオーディオサウンドをお好みにカスタマイズすることができます※。
※オペアンプの交換はお客様の自己責任となります。交換に伴う問題については保障いたしません。
7
周辺機器への接続も
AVシステムや再生機器など、様々なエンターテインメント機器に対応するRCA-3.5mmケーブルと光デジタルケーブルを各1本ずつ、さらにRCA-3.5mmジャックの変換コネクタも付属。Dolby Digital Live/DTS Connect機能によるデジタルエンターテイメントソリューションやアナログオーディオアンプへの出力、レコードからの録音といった用途にもすぐに利用可能です。

はい。そのままコピペしました!
Creative公式URL

SoundBlasterZシリーズはRecon3Dの後継として発売された物です。
まずRecon3Dについて私なりの解説をしていきます
無題
この商品は何度も以前にお話したと思いますが購入した事があります
AVA内ではとにかく酷い商品でした。
当時は12,000円くらいしましたが正直12,000円の価値がないと思いました。2,000円なら購入してもいいかな?程度です。
理由
・ソフトウェアの不具合が多い
・突然爆音になったり消音になったりする
・FPS用として作られたスカウトモードがAVAでは全く意味がない
・X-Fiシリーズより新作なのにX-Fiシリーズの方が優秀


という有様な訳ですが、購入して未だに使用されている方が見たらとても不快な気持ちになるかと思われます。ただこれは私の見解なのでそれでもこれでいいと思うのであればそれで良い訳であって、AVA以外の用途ではもしかすると優秀なのかもしれません。
ただ私から一つ言えるのはこの商品を使用するくらいならSound Blaster X-Fi Titanium HDの方がAVAに対しては圧倒的に良いです!
ただこの商品は15000円と価格が非常に高い為、現状3DReconなどを使用している方は中々乗り換えずらい価格となってしまっています。もし3DReconとオンボでしかAVAの音を聞いていないようであればSound Blaster X-Fi Go! Proを試しに買うといいでしょう。価格も3300円とかなりお手頃です。
私の話を初めから信じられるのであればSound Blaster X-Fi Titanium HDを推奨致します。

話を戻すと、3DReconとSoundBlasterZのチップは同じなので不具合などが解消されているだけで根本的なAVAに対しての音質の部分は多分変わらないかと思われます。

ここから大事
私の放送のリスナーさんでもSoundBlasterZを購入した方がおられます。
その方は「私が購入して試したらアイリスさんにも貸したいのでそれでレビューを書いて下さい」とありがたいお言葉を頂きました。さすがに申し訳ないので断りましたが・・・。
ただその方はX-Fiシリーズを所持していてのSoundBlasterZを購入した感想ですが、「やっぱり予想通りAVAではダメでしたのでX-Fiに戻しました・・・。発売して間もないので早めにオークションに出そうかと思います」
という感想を頂きました。

これは一人の意見なので参考になる程度なだけであって、これを信じるか信じないかは皆様次第ですが、私はRecon3Dを使用した事があってSoundBlasterZは同じチップで、購入した人がやっぱりダメでした。と聞く限りAVAでは非推奨なのだと思いました。
ただこれまでは現状発売されているZシリーズの感想なのでSound Blaster ZxRがどういう風に変わって出てくるかはわかりません。可能性としては非常に低いでしょうが、もしかするとAVAで最高の音を感じられるかもしれません。

なので現状のAVAで推奨される最上位サウンドカードはSound Blaster X-Fi Titanium HDだと思います!

またSound Blaster ZxRについて情報が出ましたら書こうかと思います

では長くなりましたが本日もランキングクリックお願い致します!
間違えて全部書き終えてキャンセル押して2度書き直しました・・・涙目
A.V.A ランキング
製品購入を検討している方はコチラ

アクセスランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
744: by ヨボセヨ on 2013/03/12 at 04:01:03

こんにちは、自分pc2台持っていて、titaniumHDと予備のpcにrecon3dつかってるんですが、avaやっててrecon3dだと確かに音が時々消音になりかなりストレスですね。、ただrecon3dはアルケミーとか変なソフト使わなくても定位はとてもいいんですよね、
できたらtitaniumHDの方の設定を晒してもらえないでしょうか、設定が悪いせいかHDの定位はrecon3dに比べて定位がかなり劣ります、オンボと変わりません、一応いろんなブログみてやってみましたがダメでした。。。

748:ヨボセヨ・黒さんコメントありがとうございます by アイリス on 2013/03/12 at 16:37:07

私はまだTitaniumHDは所持しておりませんので設定等を晒す事はできません。
次回購入しようと考えているTitaniumHDかSoundBlasterZxRは購入次第記事にしようと思っております。
本日の記事に書こうと考えておりますが、現状AVAの仕様上どんなサウンドカードを使用しても誰でも定位がわかるようなサウンドカードは存在しません。
黒さんという方もヨボセヨさん同一人物だという事がIPから判明しRecon3Dに対して良い商品だという必死差は伝わりましたが、何のサウンドカードを積んでも現状は人それぞれで好みの問題だと思うのでRecon3Dでも良いと思います。
ただ、AVAだけではなく本来のサウンドカードとしての性能と価格と評価を見る限り私だけがRecon3Dの評価を低くしている訳ではなく、不具合などが多い報告がある以上わたしは推奨しません。というスタイルなだけです。昔の記事になる為、私も記事で書いたこと全てに責任が持てる訳でもなく考えが変わった時点で更新はしているつもりです。コメントで他人のフリをして他のサウンドカードの評価を低くするということは私はあまりよろしくないことなのではないかと思いますが、いかがなものでしょうか。

▼コメントはコチラから残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。