プロフィール

アイリス

Author:アイリス
TOP PAGE">TOP PAGE


Irisvielプロフィール

AVA(Alliance of Valiant Arms) ブログランキングへ
無料トライアル実施中
201704112101095bb_201705272022583ef.jpg
【Sponsor】
loctek.png
Team Support
Webroot_Logo_green_JP_hi-res - コピー
【提供】
ozone_gaming_logadasdasasaso.jpg
hyperX_R_logo.png
ROCCAT_2014121503155813d.jpg
CORSAIR.png
Thermaltake.png
company_20160331012758ad5.jpg


アイリス使用デバイス

【AVA Creatives実績】
(2012年)
Cyac爆破5vs5トーナメント3位
(2013年)
ODLseason1チャレンジリーグA 優勝
RSTseason1ランカーD
ODLseason2マスターリーグ優勝
(2014年)
ODLseason1マスターリーグ優勝
一時募集停止
dadadada.gif

カテゴリ

AVA Irisvielのブログ (1)
AVA日記 (404)
レビュー (128)
LOL (15)
デバイス関連 (98)
サウンドカード情報 (16)
ヘッドセット関係 (34)
AVA音設定 (6)
PAXドライバ関連 (23)
戦略 (20)
フリーソフト (15)
環境設定 (8)
配信方法&NLEプリセット配布 (7)
イベント (21)
Teamspeak3関係 (5)
その他 (77)
TERA (2)
Sennheiser関連 (9)
SoundBlasterZxR (9)
steam情報 (6)
PCパーツ (3)
FragMovie (22)
ドライバ (1)
動画 (10)
MIONIX製品レビュー (1)
大会 (4)
Creatives解散 (1)
Minecraft (1)
検証 (1)
ぬこ (1)
展示品チェック (0)
サンプルチェック (1)
回線 (7)
ROCCAT (10)
Kingston (18)
アイリスのつぶやき (4)
Corsair (9)
Thermaltake (8)
Irisviel日記 (14)
OW日記 (33)
OZONE GAMING (7)
ウェブルート (2)
PUBG (11)

最新コメント

各メーカーor代理店

リンク

PUBG戦術~その1 特攻(スクワッド)

その1

詳細は続きへ




PUBGのスクワッドは戦闘をする際、4VS4になる可能性が高いので相手を倒すには一苦労です。

もし仮に一人を気絶させたとしてもどこから敵がくるか怖いですし、死んだプレイヤーのアイテムをすぐ拾うなんてご法度です。

戦場では遮断物の多い所を選ぶプレイヤーは多く、二階建ての家に籠るスクワッドが多いです(その方が有利な場合が多いですからね・・・)

そこで籠っている敵をどうしても倒さなければいけない状況があったとします。
2階に4人敵はいて階段でしか行けない状況だとします。
その時、よく上から覗いている敵を下から倒そうとするプレイヤーが多いです。
しかし、これは交戦して倒したとしても不利になります。

それは上の方が圧倒的に有利だからです。


ハイリスクノーリターン
1階にいると2階の奴が降りてくるかもしれないですし、2階の敵がベランダから回って1階に裏取りする可能性もあり、更に第三者からの襲撃を食らう可能性があるからです。
更に撃ち合い事態も不利な状況が多いです。
2階の敵は相手が来るタイミングがわかりますが、こちらはわからない状況になります。
そんなことをしている間に仲間が一人でも気絶状態になってしまったらその時点で一斉に降りてきて襲撃を食らいます。

対策法
これは人それぞれ戦術が違うでしょうが、私はこうやっております。
階段を上る時は先頭で自身ニキの人が死ぬまでノンストップで階段を上ります。
2番目も同じように続き、3番目も続きます。
4番目は後方を気にしてあげましょう!
2階の敵がベランダから離脱して裏取りに来る可能性と銃撃を立てる事により第三者の襲撃を食らう可能性があるからです。


動画の序盤では正に不利な状況で戦闘をしております。
私の声は入っておりませんが、中盤から「ノンストップで上がるからついてきて!!止まるのなし!」と言って上に上がりました。
1人犠牲者は出てしまいましたが、全滅させられるよりマシですしそもそもリスクを恐れていたらこのゲームは成り立ちません。


他にも家の構造的に上がりきったあとにドアがあって部屋があるパターン
これは中にスモークを投げ入れてお互い五分五分の状態を作り上げればいいと思います。
AVAと違いネーム撃ちという概念はありませんからね。

突撃するタイミング
・相手が1人でも弾切れを起こした瞬間
・相手が1人でも気絶状態になった時
・相手が1人でも瀕死状態になった時
・あとは勢い!!ノリ!!

戦闘が長くなればなる程、自分のチームの危険度が高まっていきますので、決断できるリーダーと団結力が必要です。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼コメントはコチラから残す